teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


本当にビックリしました

 投稿者:市原司  投稿日:2017年 5月24日(水)22時30分38秒
  天幻星プリンセス☆彡さん、はじめまして。

僕が活動している作品DBではつぶやいたんですが、このHPでも触れようか迷っていました。
そちらの方にも書きましたが、戦隊の中でダイレンジャーが一番好きという友人が本当にショックを受けていたようなので、そちらも含め僕は悲しかったですね。
しかもどうやら自ら命を絶たれたようで、さらにショックでしたね。
病気やご高齢というのであれば人間である以上抗えないとも思えますが、自ら選択されたというのはやるせないですね。
和田さんや羽村さんたちもかなり悲しんでいるご様子でした、中康次さんの時も含め共演者の皆さんの絆が深い分悲しみも大きいんだろうなと思いましたね。
結局ゴーカイジャーにも一度も出演されなかったのも残念でした、ハリケンジャーの役は大五じゃないですからね。

僕もご冥福を祈るばかりです。
 
 

シシレンジャー・大五よ永遠に・・・。

 投稿者:天幻星プリンセス☆彡  投稿日:2017年 5月24日(水)11時23分40秒
  初めまして、天幻星プリンセス☆彡です。
この間の日曜日、某特撮系の掲示板を見たら。
ナント、五星戦隊ダイレンジャーに出演した、シシレンジャー・大五役の能見達也さんが亡くなったという書き込みを見てビックリしました!
私にとっては、チェンジマンのチェンジグリフォン以来。
大好きになった、イケメンの戦隊ヒーローだったので。
未だに、彼が死んだなんて信じられません・・・。(泣)
仕事とプライベートで、何があった知らないけど。
ダイレンジャーの共演者達も、彼の訃報を知って悲しんだと思うし。
多分、クジャグ役の森下雅子さんも悲しんだんじゃないかな?
もう二度と、「シシレンジャー・天幻星大五!」と言って、決めポーズを取る姿が見られないなんて残念です・・・。(泣)
追伸、大五役の能見達也さんへ、慎んでご冥福をお祈りします。合掌。

 

(無題)

 投稿者:市原司  投稿日:2017年 3月 7日(火)23時39分42秒
  ロックさん、お久しぶりです。

今はガンダムも新作を連続で放送することが出来ないどころか、1年続けて放送するのも出来ないですしね。
SEED DESTINYが終了して早いもので10年経ちましたが、それ以降1年中断なく放送されたのがAGEのみですからね。
確かにそう考えると中断無しで放送し続ける戦隊&ライダー、そしてプリキュアはすごいです、昔はそれが当たり前でしたが。

ウルトラの場合戦隊やライダーと異なり、新作が無くても存在だけは広く認知されているというのは大きな利点だと思います。
僕の勝手な印象でもありますが、ウルトラは90年代でも新作が無くても商品を色々売っていましたし、地味に強く残っているという印象です。
まあウルトラが危機に陥ってしまったのは売り上げだけでなく、防衛基地やセットの予算が戦隊などと比べかなりかかってしまうという弱点もあったみたいですけどね。
平成3部作も売り上げは良かったものの制作費がかなりかかったため利益はイマイチだったとか。
そのためギンガSで防衛組織が復活したもののかなり小規模で、Xでは割としっかりしたものが作られたものの、オーブでは組織そのものが存在はしても出てこないおまけ扱いでしたからね。
今は深夜アニメと同じように製作委員会方式で細々とやっている印象ですが、売り上げ自体は割りと回復傾向にはあるようなのでファンとしてはがんばって欲しいところですね。
 

事情はどうあれ

 投稿者:ロック  投稿日:2017年 3月 5日(日)03時47分22秒
  いちおう更新はあるんだというのが確認出来ただけでも収穫ではあります。

今回ちょっと話をしておきたかったのは30周年→40周年を経た最近のウルトラシリーズで
ここ数年毎年2クール程で新ヒーローを主軸に据えた展開をやっていますが本当よくここまで持ち直せたものだなと普段日曜朝のスーパーヒーロータイムばっかりな自分でも一目置いています。

やっぱりキャラクターコンテンツにおいてインターバルを設けるというのはマイナス方向に作用してしまうんで常に何かしら新展開新イベントを供給し続ける。これは凄く大事な事なんですよね。受け手側も何もなければ思い出話しか出来ませんし新しい動きがあればそれを肴に盛り上がれますから。

それを決して無理をせず身の丈にあったカタチでやる、そもそも自分等視聴者はそれが当たり前のように意識しているのかもしれませんが戦隊や仮面ライダーみたいな毎週毎週決まった時間にテレビで、それも年末年始や特殊な事情があった日を除いて休まずやってる。しかも何十年と。
こんな事東映にしか出来ないですからね。

もう90年代のように中断を挟めない、挟めばジリ貧になって他キャラクターと肩を並べられない。そう考えると今現在の展開は上手くやってて好感持てますよ。
ただ玩具展開のやり方は随分変わりました。
いわゆる防衛組織というかチームの存在があるにはありますがそこからウルトラマン本人や怪獣そのものにより比重を置くようになってて。
 

(無題)

 投稿者:市原司  投稿日:2017年 2月14日(火)19時25分59秒
  TYさん、どうもです。
返信が遅くなってしまい申し訳ありません。

今トップページにあるとおり今は二期物以外一切見ていないんですよね。
ただ録画には残っていたはずなので、もしかしたら見ることもあるかも知れません。
あと友達が小林さんちのメイドラゴンが面白いと言っていたので興味があります。
 

(無題)

 投稿者:TY  投稿日:2017年 2月10日(金)07時01分28秒
  市原氏はうらら迷路帖というアニメは観ていますか?  

遅くなってしまい申し訳ありません

 投稿者:市原司  投稿日:2016年12月10日(土)23時56分11秒
  マッドリオさん、どうもです。
返事が遅くなってしまい申し訳ありません。
舞-乙HIMEは途中で感想書くのを断念してしまい、全話は書いてないんですスミマセン。

剣心の風水編は津南が再登場し、最終回で川路さんを褒めて左之助に驚かれた部分は覚えています、あと弥彦をちゃん付けしたりとか。
何か特殊な力で戦ったりしてましたね、細かいことは覚えていませんが当時は正直それで見るのを止めてしまった覚えがあります。
一応後追いで全部は見ていますが。
ちなみにアニメの剣心のオリジナルは、下手に志々雄真実以上の敵を出すわけにはいかないので異種格闘技のようにせざるをえなかったという監督のコメントを見たことがあるので、原作つきならではの苦しみがあったんだなと思いましたね。

あと剣心は北海道編やるらしいですね。
 

気になったこと+前回の補足

 投稿者:マッドリオ  投稿日:2016年11月30日(水)19時49分10秒
  こんばんは。ところで、「舞-乙HIME」の感想ページが停止したままなのですが、出来れば全話分の感想を閲覧できる状態にしてもらえると嬉しいのですが…。

それと前回の補足ですが、るろ剣風水編の内容をざっくり述べると「剣心組の皆さんが善と悪の風水を操る一族の対決に巻き込まれる、妙にファンタジー色の強い数話完結の中編」といった所です。そのため、るろ剣で使われていなかった場合は脚本を担当した十川さんがシリーズ構成だった「FAIRY TAIL(原作は真島ヒロ先生のファンタジー漫画)」のアニオリ回あたりで一部設定が使われていた可能性があったのではと私は睨んでおります。
 

(無題)

 投稿者:市原司  投稿日:2016年11月16日(水)23時11分18秒
  マッドリオさん、どうもです。
うーん、るろ剣終盤のオリジナル編ですが、一応全話は見たもののあんまり面白くなかったので、正直書くのはしんどいかなと思います。
特に風水編ってどんなだったか思い出せないくらいです・・・

ゴーゴーファイブの場合災害が敵組織の活動の主となるので、それをレスキューするということで話の幅は結構広かった気がしますね。
というよりギンガマンが場合総評でも書きましたが、幹部によって作戦は異なっているものの、基本ダイタニクスを復活させるという一つの目的に集約させてしまっていた分幅が狭かったイメージがあります。
 

ちょっと気になったこととか。

 投稿者:マッドリオ  投稿日:2016年11月13日(日)21時03分18秒
  こんばんは。以前私が話題にしていたアニメ版るろうに剣心の感想ですが、オリジナル編の感想なら行けそうな気もするのですが…。個人的に、風水編は脚本を書いている方が十川誠志さんだったので、もしるろ剣で使われていなかった場合は彼がシリーズ構成を務めていらした「FAIRY TAIL」のオリジナル長編で使われてた可能性がありますね(原作者の意向で多分に原作者の監修が入りそうですが)。

それと、戦隊の総評で思ったのですが、ゴーゴーファイブの災魔一族の作戦ってギンガマンのバルバンの反省を踏まえてか、案外翌年のロンダーズファミリー以上にバラエティに富んでいましたよね(メインのサイマ獣を使っての文明破壊工作・マイナスエネルギー収集の他にもゴーゴーファイブ抹殺作戦など)。
 

レンタル掲示板
/38