teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


短編データ

 投稿者:エイイチ  投稿日:2017年 2月11日(土)20時22分4秒
  9日に投稿した手塚作品のデータを調べてみました。
掲載誌 掲載時期 収録されている全集巻

ボンバ! 別冊少年マガジン:70/09,70/10,70/11,70/12
講談社:手塚治虫漫画全集 93ボンバ!
ガラスの脳 少年サンデー:71/02/21
ロロの旅路 少年ジャンプ:73/03/19
講談社:手塚治虫漫画全集 123 タイガーブックス3
ゼフィルス 少年サンデー:71/05/23
講談社:手塚治虫漫画全集 126 タイガーブックス6
バカちょん(バカ一に改題) 少年サンデー:71/08/15,71/08/22
講談社:手塚治虫漫画全集92 ダスト82
鉄腕アトム:シルバー・タワー 月刊少年ジャンプ:76/04
講談社:手塚治虫漫画全集252 鉄腕アトム 別巻2

ほとんど、アトムとブラックジャックの間、「手塚治虫の奇妙な時代」に描かれた作品です。
この時期の作品にはこだわりがあります。
 
 

iPhoneから投稿しました

 投稿者:エイイチ  投稿日:2017年 2月 9日(木)19時10分29秒
  写真はカラー表紙の作品切り抜きです。
これもiPhoneで撮りました。
手軽に投稿できまさした。
 

あと2年で

 投稿者:エイイチ  投稿日:2017年 2月 9日(木)18時53分55秒
  没後30年になるんですね。
私は亡くなった手塚先生の歳を越えてしまいました。
 

ホームページ

 投稿者:エイイチ  投稿日:2016年 5月 4日(水)07時40分2秒
  無人島になっていたホームページに久しぶりに上陸してみました。
リンクは切れているし、カウンタは機能を失っている。メールの先は廃棄した旧アドレスのまま。

管理者へのメールは、この掲示板最下部にあるボタンから送ってください。

さて、更新はどうしようか。ホームページビルダーの旧バージョンはWIN10でもそのまま動くのかな。しかも、使い方をすっかり忘れているし・・・
 

お久しぶりです。

 投稿者:エイイチ  投稿日:2016年 4月15日(金)12時14分13秒
  月さん、どうも。

無職ですので、高価な手塚復刻本購入にためらいながら、少しばかりは買っています。
今度の光文社版「ジャングル大帝」は、まだ迷っているところ。
1巻だけはオリジナルがあるので、学童版復刻本と比べてみたら、やっぱり良いなと、ほしくなりました。

でも・・・・・
 

お!書き込みが!

 投稿者:  投稿日:2016年 4月 8日(金)14時31分36秒
  たまに来てますよー!お元気にされてますか?  

まんがの日

 投稿者:エイイチ  投稿日:2016年 2月 9日(火)11時05分44秒
  今日は、まんだらけ制定の「まんがの日」!

手塚先生の命日にちなんでのこと。
あと3年?で30年になるのか。

漫画家鈴原研一郎さん、ドストエフスキーも今日が命日です。

日めくりアプリ見ながら、いろいろ思うところあります。
 

お元気ですか?

 投稿者:  投稿日:2015年 6月 7日(日)08時37分28秒
  その後、如何ですか?  

本棚の整理

 投稿者:エイイチ  投稿日:2012年 2月18日(土)18時10分48秒
  寒くて外出する気にならないので、書斎で録画していたアニメや映画を見ていたら、書棚の漫画本や文庫本が乱れているのに気づき、整理をしてみようと思い立ちました。断捨離とまではいかないのですが、この際、不要になった本は、オークションにでも出してみよう・・・と。

出てくる出てくる・・・・思い出のある雑誌、切り抜き、そしてオークションを始めた頃の勢いで落札してしまったダブりや不揃いだらけの手塚本の数々・・・今見直したら、貴重でもないし、欲しかった理由も思い出せない有様です。

どうしようかな。

考えてたら、整理ができず、足の踏み場を見つけるのも難しいほど、床いっぱいに本が積み重なってしまいました。

明日も寒いらしいので、今日はこのまま。
 

立川談志さん

 投稿者:エイイチ  投稿日:2011年11月24日(木)20時46分29秒
  ご逝去されました。残念です。

談志さんを知ったのは、たぶんNHKのテレビ番組「まんが学校」だった。土曜か日曜の夕方に放送されていたかと思う。楽しみに見ていた記憶がある。当時は若く、「おにいさん」という印象だった。

後年、落語にも触れる機会があり、独特の話しぶりが好きだった。

手塚治虫さんとのつながりにも嬉しい思いを感じていた。

同じ時代を生きたというか、
導いてくださった方々が、だんだんいなくなってきて、悲しい。本当に寂しいなあ。
 

レンタル掲示板
/4