teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

  1. ぽろりっ(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


ホームページを移転しています

 投稿者:jin2  投稿日:2017年 7月15日(土)08時34分53秒
  当道場名の正式名を 〇合気道八幡浜道場 と改称し、ホームページをhttp://wwwc.pikara.ne.jp/koshimizu1541/ に移転しています。旧jpは、インターネットカジノを名乗る何者かに不正な集客目的で運営されています。ご注意下さい。〇合気道八幡浜道場 道場主小清水祥孝  
 

神山王子森天王宮祇園社八尺神社(おおじのもりてんのうぐうぎおんしゃやさかじんじゃ)

 投稿者:si2rinsi  投稿日:2014年10月15日(水)09時41分54秒
  神山王子森天王宮祇園社八尺神社(おおじのもりてんのうぐうぎおんしゃやさかじんじゃ)

主祭神 素盞鳴尊・奇稲田姫命・三女五男神(多紀理姫命・市寸島姫命・多岐津姫命・速日天乃忍穂耳命・天之穂日命・天津日子根命・活津日子根命・熊野久須毘命) 例祭 7月25日
建造物 本殿・幣殿・拝殿・鳥居・注連石・狛犬・灯籠・手水舎

由緒・沿革 口伝によると、奈良時代に王子森牛頭天王宮祇園社(おおじのもりごずてんのうぐうぎおんしゃ)として創建され、平家全盛のころには氏神として崇敬されていたといわれる。明治初期の神仏分離による神社名登録届のとき、神職清家堅庭が、三種の神宝の八尺の勾玉から八尺神社と命名した。正式名は神山王子森天王宮祇園社八尺神社である。昭和53年4月23日、放火により社殿が焼失したが、神山区・八代区の氏子が中心になって再建復興した。八重垣祭(元旦より8日間)、祇園祭(旧6月14日)が盛大に行われている。境内に、改装されてはいるが「王子文庫」がある。 八幡浜市誌(市制50周年記念版)より
 

神山王子森天王宮祇園社八尺神社の地には素盞鳴尊を祭る歴史と文化がある。

 投稿者:si2rinsi  投稿日:2014年10月15日(水)09時37分56秒
  2014/09/28 清家貫志宮司より八尺神社の沿革をお聞きする機会あり。地名は歴史を物語っている。昔にあっては海の航路は重要な交通手段であった。八尺神社は九州に渡るため(都に上るため)の海の要所であったであろう歴史がある。五反田に鯨橋があるごとく神社近くまで海であった。古くは神功皇后が三韓征伐の折に、皇妹豊媛命が軍旅を整えた拠点であった。八代(やしろ)は、弓矢の矢を作るための「矢の代」であった。王子(おおじ)は、九州への道と本州への道が「合う路」であったことを示す。人加志(ひとかし)は「人を渡す河岸」であったことを示す地名である。

天孫降臨の地である宮崎県の正面に位置し、隣町の宇和町は米所であることから神武東征において使われた路であったかもしれない。また、佐田岬沿いという安全な航路であり、瀬戸内海の海賊を避ける公家の公達の秘密のルートとして利用された経過がある。この矢野の神山八尺神社の地は、平家全盛のころには源の頼朝の命ごいをされた平清盛の義母である池禅尼(清盛の父である忠盛の正室 藤原宗子)の荘園であったことで、源氏の時代となっても所領は安堵され、平家の氏神として崇敬されていたといわれる。神山王子森天王宮祇園社八尺神社の地には素盞鳴尊を祭る歴史と文化がある。

矢野郷 やのごう 弓矢に使うシノ竹が豊富
八代 やしろ 弓矢の代
王子 おおじ 合う路
人加志 ひとかし 人を渡す河岸
祇園橋 ぎおんばし 祇園社のある地の橋
神山 かみやま 神の山
牛名 うじな 牛頭の地名
国木 くにぎ 国の木(素戔嗚尊の毛)
神田 じんで 神の田
五反田 ごたんだ
川舞 かわまい
 

国旗を立てましょう。

 投稿者:si2rinsi  投稿日:2014年 3月21日(金)11時03分50秒
  今日は春分の日である。国民の祝日です。国旗を立てましょう。晴天の下、風にはためく日の丸を仰ぎ見ると清々しい気持ちとなります。みんなでお祝いしましょうよ。  

駒ヶ岳山頂より富士山を観る

 投稿者:si2rinsi  投稿日:2014年 3月 9日(日)08時10分59秒
編集済
  2014/03/02.03.04にかけて箱根・芦ノ湖・駒ヶ岳 修善寺 堂ヶ島 伊豆・河津・河津桜 浄蓮の滝 熱海梅園 東京・スカイツリー 国会議事堂 浅草寺 皇居前広場の旅に行きました。乙女峠から駒ヶ岳山頂より富士山を観ることが出来ました。寒波の影響で雪は裾野まで真っ白でした。その大きさと美しさに感動しました。あっという間に祓い清められました。感謝でいっぱいです。  

2013/11/18(月)伊勢神宮にご参拝しました。

 投稿者:si2rinsi  投稿日:2013年11月29日(金)09時29分27秒
編集済
  2013/11/18(月)伊勢神宮にご参拝しました。早朝に参拝出来ましたので、宇治橋を渡る前の鳥居の間から朝日が差し、大きくてまぶしい光に私の心身は、あっという間に払い清められた思いです。遷宮されたばかりの真新しい正宮はそれは神々しいものでした。感動をづっと私の中で持ち続けたいと感謝で一杯です。  

野田青石展(八幡浜市だ生んだ最後の南画家)始まる

 投稿者:si2rinsi  投稿日:2013年 9月27日(金)08時12分55秒
編集済
  野田青石展(八幡浜市だ生んだ最後の南画家)始まる
2013/09/26~2013/10/02 八幡浜市市民図書館
主宰 西山禾山顕彰会  共催 八幡浜市 八幡浜市教育委員会
野田青石は、幕末から明治にかけて八幡浜の黎明期に町には過ぎたる二人の指導者、上甲振洋と西山禾山の薫陶を受けた。青石の画は、画境も高く気品と禅味を備え「画禅一味」の神髄を極める。のちに青石が田能村竹田の流れを汲む最後の南画家となる。
 

◆今(濁流の中)を、いかに生きるか Vol.16 合気の道「武は愛なり」を以て進む 2013/06/01

 投稿者:si2rinsi  投稿日:2013年 6月 1日(土)14時29分29秒
編集済
  ◆今(濁流の中)を、いかに生きるか  Vol.16 合気の道「武は愛なり」を以て進む 2013/06/01

30年のサラリーマン人生に区切りをつけ、第2の人生をスタートさせた。55年の人生を振り返って思うこと①しれ者はいる。 ②この世は濁流である。
よって決意することあり。①しれ者はいる。---愛と誠こそ生命エネルギーであろうに--- ②この世は濁流である。---愛と誠を以てこの世の濁りを洗う。③愛と誠をを産み守り育てる。---合気の道「武は愛なり」を以て進む。
 

◆ 道文の研究Vol.16 目標を持つことで技を進めることが出来る。

 投稿者:si2rinsi  投稿日:2013年 4月22日(月)06時25分7秒
編集済
  自分に足りないものを自覚することで目標を持てる。目標を持つことで技を進めることが出来る。①情をもって対峙する。②精力善用・自他共栄 ③一生懸命に選手達と向き合って、良さを引き出す。これらに取組んでいこうと思う。2013/04/21  

西山禾山老師のご縁に預る

 投稿者:taikuu  投稿日:2013年 4月 7日(日)16時24分21秒
編集済
  八幡浜市の誇りである西山禾山老師のご縁に預り、この3月より西山禾山顕彰会に入会させて頂くと共に、大法寺での座禅会(毎月第2土曜日午後6時30分~8時)に参禅させて頂いています。参禅を終えて広い静かな境内に立った時、本堂前の2つの大きな灯篭の燈に大きな導きを感得しました。故菊池住幸氏(2013/02/02逝去)の御霊と西山禾山老師の御霊にそっと手を合わせました。2013/03/09  

レンタル掲示板
/10