teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]
あなたも高機能な無料レンタル掲示板を作りませんか?
作成は、こちらから→

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

  1. ぽろりっ(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


ご紹介します

 投稿者:sisirinsiメール  投稿日:2008年12月31日(水)18時26分22秒
  2008/12/10にNHKのその時歴史が動いたの特集で 一人、そしてまた一人 ~マザー・テレサ平和に捧げた生涯 が放映されました。インドそして世界で、貧困に苦しむ人々の救済を続けた、マザー・テレサ。その活動を支えたのは「平和」への願いだった。幼い頃から民族や宗教で対立する人々の姿を見てきたマザー。インドの貧民街で、紛争の犠牲となって路上で死にゆく「最も貧しい人々」の救済を行う。救いを求める人々に「一人、そしてまた一人」と手を差しのべる行いは、やがて世界中で人々の心を動かしていく。マザー・テレサの平和へのメッセージを伝える。

修道女として生涯をインドの貧しく飢えた人、病気の人、そして身寄りのない路上生活者の救済に捧げ、〝カルカッタの聖女〟と呼ばれたマザー・テレサ(1910~1997 1979年ノーベル平和賞を受賞)の50年にも及ぶその活動と考え方を伝えています。マザー・テレサは、一人、そしてまた一人と--- 基本的人権の尊重・「個」を尊重するの精神を貫き、活動を続けられたということを知りました。この一貫した精神と生き方に感動を受けました。

信念の言葉をご紹介します。---「私は決して助けた人を数えたりしません。ただ一人、一人、そしてまた一人」“I have never counted the numbers. I have just taken one, one, one.”

「私は大仕掛けのやり方には反対です。大切なのは 一人ひとりの個人。愛を伝えるには、一人の個人として、相手に接しなければなりません。多くの数が揃うのを待っていては、数の中に道を見失い--- 一人のための愛と尊敬を伝えることはできないでしょう。“一人ひとりの触れ合い”こそが、何よりも大事なのです。」
 
 

今(濁流の中)を、いかに生きるか  その3

 投稿者:sisirinsiメール  投稿日:2008年11月29日(土)08時38分55秒
編集済
  今(濁流の中)を、いかに生きるか  その3

今(濁流の中)を、いかに生きるか。
この覚悟を今も固めきれないでいる。
一人一人の命の重さを受けとめ、共に〝人なり〟を大切に生きよう。
「我執を捨てる」「愛(宇宙)に生きる」この覚悟を持ちたい。
「雄大な技」への求道心 「雄大な志」を持ち続けたいものと思う。
 

今(濁流の中)を、いかに生きるか  その2

 投稿者:sisirinsiメール  投稿日:2008年11月22日(土)18時10分49秒
編集済
  今(濁流の中)を、いかに生きるか  その2

人の世は、今も濁流の中にある。今(濁流の中)を、いかに生きるか。
「迷いなば悪しき道にも入りぬべし、心の駒に手綱ゆるすな」
「道人のするどく光る御剣(御心)は、身魂の中にひそむ悪魔に」
「すみきりし鋭く光る御心は、悪魔の巣くふすきとてもなし」
「須佐之男の玉のつるぎは世に出でて東の空に光り放てり」(道歌)
己の良心を信じ、生き抜いた先人に見習う。
心の駒を引き結び〝良心〟と共に歩みたいものと思う。(私の誓い)
 

今(濁流の中)を、いかに生きるか その1

 投稿者:sisirinsiメール  投稿日:2008年11月16日(日)17時24分58秒
  今(濁流の中)を、いかに生きるか その1

今だ完成していないのは、人の心だけ---。
世の創めより天地は生成発展を重ね、天運循環、照徹弥益々に栄光を放つ。
宇内創成の精神にのっとり、世の為め国の為めに万有の上を憂う---。
濁流を清め、共に喜びを讃えん。(開祖大先生語録)
 

ご紹介します

 投稿者:sisirinsiメール  投稿日:2008年10月11日(土)12時59分5秒
編集済
  四国スペシャル 「拝啓 秋山校長殿~日本騎兵の父 秋山好古の晩年」 10月3日(金)20:00~20:43 (総合四国のみの放送 43分)

(番組趣旨)平成21年秋から放送予定のスペシャルドラマ「坂の上の雲」。主人公の1人,秋山好古は,日露戦争で世界最強のコサック騎兵と対決し,国家的英雄となった。しかし,それまでの地位と名誉をなげうち,地元・松山の中学校長(引用者注:北豫中学,現松山北高校)となった晩年について「坂の上の雲」では描かれていない。明治人らしく開明的な好古の残した言葉は生徒たちの心を動かし,今なお語り継がれている。秋山好古,最後の6年間を貴重な証言と秘蔵記録を元にたどる。(http://www.nhk.or.jp/matsuyama/tokushuu/tokushuu-281.html



秋山好古校長(己の良心を信じ、生き抜いた)の残した言葉

北極星

日が暮れたら天を見なさい。
絶えず動かない北極星は、旅の道標になります。
世を渡る場合には、誠の心が道に迷わぬ為の磁石になります。
曲がった道に入ったと不安になった時は、自分の誠の心に問うてみなさい。
天が与えた良心は、いつもあなた達を導き守ってくれるでしょう。
 

初心に立って進もう。

 投稿者:sisirinsiメール  投稿日:2008年10月 5日(日)08時03分39秒
編集済
  稽古生の熱心さは、指導者の情熱次第である。自分の求道への情熱が萎えていたんだなと反省する。初心に立って進もう。自分の手で一人そして一人と情熱を持つ稽古生を育てよう。  

メール機能が使えるようになりました

 投稿者:sisirinsiメール  投稿日:2008年 9月27日(土)05時43分21秒
  スパムメールに困っていました。○○バ○○を2009にアップデートしました。自動削除してくれます。やっとメール機能が使えるようになりました。問合せなどお寄せ下さい。お返事など出来ます。  

生涯の目標・日々の目標

 投稿者:sisirinsiメール  投稿日:2008年 9月15日(月)08時13分9秒
編集済
  生涯の目標を〝魂の技〟に置き、日々の目標を「合気呼吸」に置く。
生涯の目標・日々の目標をを持てた事を素直に喜びたいと思います。合気道の士に続く。
気・心・体の挑戦---「雄大なる技」への求道心「雄大なる志」を持ち続けたいものと思う。2008/09/09
 

我が家に伝わる〝戒め〟

 投稿者:sisirinsiメール  投稿日:2008年 9月 2日(火)07時44分17秒
編集済
  「終わり果てねば我が身は知れぬ」「堪え袋は身の宝」祖母が母に良くこの〝戒め〟を諭してくれた。と聞きました。
可能性への挑戦---法律系資格の取得に挑戦しています。頑張れる時に頑張ってみたい。遅い再スタートだけれども。向学心を頼もしく思います。また、達成を喜びたいものです。
 

西山禾山老師語録Vol.11

 投稿者:sisirinsiメール  投稿日:2008年 8月28日(木)18時35分7秒
編集済
  「現今流行の化学、理学、哲学等のごときも未だ本原の真理に達せざれば、悉く門外の客といはざるを得ず。足下宜しく自ら信ずべし。即今、往住坐臥、用い得て自在無碍なる者、之れ真如の作用にして而も形跡なし。形跡なしと雖も、孤明歴々、円滑自在なる、之れ即ち足下本来の面目、固有の主人公なる。」「真如の常住不変にして肉体の壊滅に随て空無に帰するものに非ざることは粗ぼ御会得は出来申すべし。」「げんに於いて深く因果の道理を信ずべし。」  

レンタル掲示板
/10