teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:71/103 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

(無題)

 投稿者:空世  投稿日:2002年 7月19日(金)12時38分59秒
  通報
  力が働く所には常に二つ以上の力が働く。行こうとすれば、それを、拒もうとする力とそれを後押す力が働く。それは、世の常であるから、その、反対の力も考慮してかかることだ。けれども、多くの見えない力を考慮しても、解決出来ない時には、解っている力で考えるほかは無い。
一枚の絵は集中化された力の場と言ってよい。さまざまな力が働く場と言ってよい。それを、バランスよく配置、構成するにも色々考えなければならないことがある。だから、一枚の絵は画家にとっては全てなのだ。
 
 
》記事一覧表示

新着順:71/103 《前のページ | 次のページ》
/103