<思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

投稿者
題名
*内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
URL
sage

  • [2]
  • 確率のpowerpoint教材について

  • 投稿者:サワダ
  • 投稿日:2015年 1月29日(木)16時57分35秒
 
powerpoint教材をダウンロードして自分なりに変えて使わせていただきました。ありがとうございました。

1つ気になる点があります。
「確率 2人のくじ引き 3パターン」ですが、AとBの2人でくじを引いた場合は、引いたくじは区別されますから、同時に引いたとしても20通りとすべきではないでしょうか。

このパワポの趣旨で行くと、
①2本のくじを(一人が)順番をつけて引いたか、同時に2本引いたかで比較する。

  順番をつければ20通り、同時に引けば10通り

②「A、Bの順に」ではなく、単に(2人が)「順に」引いたか「同時に」引いたかで比較する。

 順に引いた場合 1番目がAの場合もBの場合もあるから40通り。同時に引いた場合、20通り。

これが正確なのではないでしょうか。