<思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


六ツ石山

 投稿者:ss  投稿日:2021年10月24日(日)23時31分32秒
返信・引用 編集済
  Tamuさんこんばんは。
16日に奥多摩の六ッ石山に4人で行きました。朝家を出る時はパラパラと小降りで、いよいよ駅の近くになると、本降りで天気予報は外れか?と思いました。
新宿からホリデー快速の車中は思った通り満員、立っておられる人も多く、緊急事態宣言解除とこう言う事か?等と妙に納得する。それは奥多摩駅に下りてからも丹波方面の
バス乗り場も同じ。一台のバスに乗れるはずがない、大混雑に驚き。其れでも臨時が出て混んでいても満員電車並みにはしない人数を数えておりました。3台目のバスに乗れて一安心。どうぞ前にと運転手さん「凄いですね」と私。こんなものではない。もうこの数倍の人が来た事もあると。運転手さんが話しておられました。今回の参加者も昨年からウイークデーしか山に登らないで密を避けておりました。ともかく無事にバスに乗れて水根で下車です。
奥多摩の3大急登を登ります。舗装された水根集落から本当に
急登で殆ど平は無いです。1人腰を痛めて居られる方もおり、ゆっくり(早くなんぞ無理)私が前を歩きます。トオノクボからは尾根の明るい歩きとなりますが、23区よりお天気が良く青空も見えます。其れもつかの間霧がかかり少し幻想的な雰囲気に辺り一面、綺麗に見えました。少し平らな場所を見つけて早めにお昼にすることに。他のパーテイも昼食中です。
休むと寒く、あの大汗は何処に?今日はガスでお湯を沸かして、ラーメンとコーヒーもう臓腑にしみわたり最高の御馳走です。
そこから30分で六ツ石山山頂に到着しました。今は霧でそこしか見えないので数分で奥多摩に下ります。今度は下り一方で嫌ですが、奥多摩は登山道が整備されており危険な場所はほとんどないのです。舗装道路が過ぎてからも登山道があり、奥多摩駅に無事おりました。
登りより下る時間がかかりましたので、楽ではない等と皆さん口々にでも大満足とか。標高が低いので紅葉は大分先の様です。今日は雨にも降られずラツキーと言えます。
(歩行5時間30分ぐらいでした。)

 
    (Tamuです)  標高差1000m以上は(多分)あるコース、ですよね。すごいなぁ。
石尾根を下った私の記憶(もう17年も昔ですが…)ですと、六ツ石山の辺りまではブナ林で、それから少し(奥多摩駅方面へ)下るとコナラ・クリなどの雑木林→ヒノキ・スギの人工林、という植生の変化だったと思います。微妙に、ギリギリの線で自然を残している、いい山ですよね、六ツ石山は。都心からの日帰りで、歩きがいのあるいいコースだと思います。腰と膝の調子がもう少し良ければ、私もそのコースで歩いてみたいと思いました。紅葉の見ごろはこれからのようですし、コロナは大分収まっているようですし…。
 

「北奥羽・7日間の山旅日記」をアップしました

 投稿者:Tamuメール  投稿日:2021年10月23日(土)08時55分26秒
返信・引用
  ようやく4部作をHPにアップすることができました。おヒマなときにでも覗いてみてください。

①姫神山
http://www1.u-netsurf.ne.jp/~tamu/421himekami.htm

※コラム・石川啄木の「ふるさとの山」は姫神山!?
http://www1.u-netsurf.ne.jp/~tamu/421himekami.htm#hurusato_no_yama

②七時雨山
http://www1.u-netsurf.ne.jp/~tamu/422nanasigure.htm

③下北半島くるま旅(霊場恐山など)
http://www1.u-netsurf.ne.jp/~tamu/423osorezan.htm

④秋田の太平山(奥岳)
http://www1.u-netsurf.ne.jp/~tamu/424taiheizan.htm

 写真は太平山の山稜です

http://www1.u-netsurf.ne.jp/~tamu/

 

那須岳の紅葉

 投稿者:ルモン  投稿日:2021年10月11日(月)23時04分27秒
返信・引用
  tamuさんこんばんは 今年の紅葉登山は山仲間4人で那須に行ってきました。
6日に那須温泉「ウェルネスの森那須」に前泊。フレンチのコースで飲み放題(70分)で¥15200は納得ですが、早朝出発なので朝食なしでも変わらずは大型のホテルでは致し方ないのかも・・。7日は朝から霧雨で雨具着用です。コースは沼原駐車場から白笹山~南月山~牛ケ首~姥ケ平の周遊を計画していたのが、ガスで見通しが悪く、先行者の後について行ったら逆コースになってしまいました。紅葉の見所の、ひょうたん池まではガスの中、姥ケ原からは段々とガスが晴れ、牛ケ首辺りからは、晴れて那須の紅葉を堪能することが出来ました。今年は天候が不順でどの山も色付きが今一のようです。南月山への稜線からは雲海が素晴らしく高山の雰囲気が味わえました。南月山に着くころには又厚い雲に覆われ駐車場に着いたときは真っ白でした。
 
    (Tamuです)  リゾートな温泉ホテルに前泊しての南月山。ガスが晴れて紅葉を堪能することができたとのこと。ゴージャスでファンタスティックな山旅でしたね。1枚目の写真…茶臼岳をバックにした紅葉樹(ミネカエデでしょうか?)の絶妙なアングル…素晴らしいです。
“先行者の後について行ったら逆コースになってしまいました”を読んで思わず笑ってしまいました。でも、案外ありがちな“山歩きの危険性”だとも思いました。まぁ…、事なきを得て何よりでした。とはいえ、このコースは南月山方面から北へ歩いたほうが正面の茶臼岳を常に見ることができて…、よかったかもしれませんね。
 

10月8日に心源院から八王子城址のコースを歩き、記録をHPに載せました。

 投稿者:都築山人メール  投稿日:2021年10月11日(月)18時40分54秒
返信・引用
  高尾山に詳しい知人が、心源院(シンゲンイン)から歴史古道を歩いて八王子城址の展望台へ行き、下った後、八王子城址入口バス停までの間にある庭のきれいなカフェに寄るコースを計画してくれたので、出かけることにしました。

緊急事態宣言が解除され、山歩きを再開したいと思っていたところなので、好都合でしたが、春の彼岸直後に治ったと思った左足底筋の外側の痛みが秋の彼岸過ぎに再発しました。それが治ると二日前に内側の足底筋の痛みが出ましたが、前日には痛みが少しひいたので、なんとかなりそうでした。当日は平地の歩きは支障なく、登りは休憩の30分以後は少し痛みがあった程度でしたが、懸念していた通り、下りで体重がかかると痛みが出て、やっと歩けた状態でした。

吉備人出版の地図に登り100分、下り30分になっているところを、登り144分、下り52分もかかり、ひどく疲れましたが、秋の野草に出会い、展望が開けているところもあって、四か月ぶり、今年二回目の山歩きを楽しむことができました。


http://tdk.my.coocan.jp

http://tdk.my.coocan.jp/

 
    (Tamuです)  なかなか面白いコースを歩かれましたね。興味津々です。庭のきれいなカフェで小ジョッキ2杯…、さぞかし美味しかったことと思います。“四か月ぶり”というのがやっぱり、きついと感じた原因ではないでしょうか。
 最近、私の妻も(山歩きする度に)足底や膝が痛いと訴えて、特に下りでは歩く速度が随分と遅くなりました。私はもともと遅いのですが、寄る年波でさらに遅くなっている昨今で、つまり私達の山歩き(夫婦登山)は、そのピッチにおいてちょうどいい塩梅です。(^^;)
 

金精山

 投稿者:ss  投稿日:2021年10月11日(月)17時33分59秒
返信・引用 編集済
  Tamuさんこんばんは。
7日に日光の金精山に5人で行きました。東武日光からレンタカーを借りて金精峠から登ります。此処から尾根に上がりますが、初めから急登で梯子、トラロープありの険しい登山道です。幸い7日は気温が低いこともあり、比較的楽に上がれました。尾根からも山頂が見えるはずが、初めから曇りでガスが掛かり少し雨か?と思う様な水も滴る?かなり右周りをして途中1回休憩をして1時間で金精山頂に着きました。残念ながら何も見えません。時間はたっぷりあるというので、1時間ぐらい休んでいたら、少し日が差し明るくなり菅沼方向は青空も見えました。
下山は登りより怖いです。緊張の連続、景色を観る余裕はありません。平らな場所で休憩した時に、周りに眼を向けられた。少し紅葉が始まりが遠くが見えるぐらいにお天気は回復してきました。湯ノ湖から男体山の裾も見えるし、金精峠の駐車場から上の方は赤く奇麗に見えてます。
往復3時間弱で無事下山する。
帰路に竜頭の滝や中禅寺湖に立ち寄り、温泉まで入り、ウイークデーの誰にも遭わない静かな山旅を楽しめました。
金精山
途中の青空
竜酢の滝
 
    (Tamuです)  金精峠から金精山…って、どんなんだっけ? と思って地形図をじっくりと見たら、けっこうな等高線の混みようで、みるからに怖そうな急登であることが理解できました。でも小粒でピリリと辛い山椒のような、面白い山だと思いました。標高は2244mとのことで、写真で拝見しても紅葉の見ごろのようですね。温泉も紅葉も良しの奥日光…、私も今すぐにでも行ってみたくなりました。
 

Re: 北東北・一週間の山旅

 投稿者:ss  投稿日:2021年10月 8日(金)09時49分21秒
返信・引用
  > No.4473[元記事へ]

Tamuさんへのお返事です。

>  9月27日から10月3日までの7日間、マイカーを利用して北奥羽の山旅をしてきました。今回のターゲットは姫神山1124m(ひめかみやま・岩手県)・七時雨山1063m(ななしぐれやま・岩手県)・大尽山828m(おおづくしやま・青森県)・太平山(奥岳)1171m(たいへいざん・秋田県)、の4座でしたが、このうち大尽山は台風16号の影響か強くて断念せざるを得ませんでした。しかし、そのかわりに下北半島のドライブ観光(恐山や仏ヶ浦など)をして、それはそれで結構楽しかったです。
>
>  行程
> ●9/27(月):移動日(東京…盛岡・つなぎ温泉)
> ●9/28(火):つなぎ温泉…姫神山登山(一本杉コース)…新安比温泉
> ●9/29(水):新安比温泉…七時雨山登山…斗南温泉
> ●9/30(木):斗南温泉…大尽山登山を断念して下北半島の観光ドライブ…下風呂温泉
> ●10/1(金):移動日(下風呂温泉…仁別・森林学習館木こりの宿)
> ●10/2(土):仁別…大平山登山…秋田温泉
> ●10/3(日):移動日(秋田温泉…東京)
>  ※移動はすべてマイカーです。
>
>  7日間は長いと思っていたのですが、終わってみるとあっという間の出来事であったような、そんな感じです。つまり夢のような、すてきな一週間でした。
>  山旅の詳細については近日中にHP(私達の山旅日記)にアップする予定です。
>
>  写真(上):姫神山の山頂に到着!
>  写真(中):七時雨山の山頂に到着!
>  写真(下):太平山の山頂は近い!
ssです。
7日間マイカーでの旅行Tamuさんは運転の技術や体力を持ち合わせて居られると思います。素晴らしいです。昨年長崎で「大丈夫ですか?」何を持ってなのか?と思いました。
姫神山は少し岩場がありますので、次の日七時雨山は正解ですね。毎日毎日ご夫婦で温泉に入り癒して、これも健康だから出来る事です。下北半島まではかなり距離も道路事情もあまり(私は40年以上も前)なのではと思いました。でも以前の方が風情がーーー
等と勝手に決めつける私はいけないです。その代わり道路事情や高速があり、長距離の移動も楽になられました。秋田で市民に親しまれて居られる、大平山に登られて羨ましいす。
森吉山から尖がった山が大平山で何処から登っても時間がかかるのでしょうね。
運転は交代ですか?我が家は主人が免許返納で3年ぐらい前から私だけです。其れに今は山はダメですので少し残念ですが、平地はかなり歩けます。
大分で久しぶりに長距離運転、初めは肩が凝りました。お陰で夜はよく眠れましたが。
紅葉も始まり、又地震がありましたので、先週行き、ラツキーと言えます。お二人の体力と
実行力に拍手を送りたいと思います。
>
 
    (Tamuです)  ssさん、温かいレス、ありがとうございます。そうですね、今思い返しても、いいときに行ったと思います。特に太平山の山稜の紅葉は美しかったです。…行く前まではけっこう気にしていたのですが、山旅中もどんどん感染者数が減ってきて…、なんか、大義名分ができたような、そんな気がしました。案外気弱な私です。
 おっしゃる通り、実際、北奥羽は遠かったです。今回の7日間の山旅の総走行距離は2025km。何時ものことながら運転手は私で、カーナビにその仕事の大半を奪われたナビゲーターは妻でした。妻はとっくに免許を返納しています。
 

北東北・一週間の山旅

 投稿者:Tamuメール  投稿日:2021年10月 4日(月)17時50分20秒
返信・引用 編集済
   9月27日から10月3日までの7日間、マイカーを利用して北奥羽の山旅をしてきました。今回のターゲットは姫神山1124m(ひめかみやま・岩手県)・七時雨山1063m(ななしぐれやま・岩手県)・大尽山828m(おおづくしやま・青森県)・太平山(奥岳)1171m(たいへいざん・秋田県)、の4座でしたが、このうち大尽山は台風16号の影響か強くて断念せざるを得ませんでした。しかし、そのかわりに下北半島のドライブ観光(恐山や仏ヶ浦など)をして、それはそれで結構楽しかったです。

 行程
●9/27(月):移動日(東京…盛岡・つなぎ温泉)
●9/28(火):つなぎ温泉…姫神山登山(一本杉コース)…新安比温泉
●9/29(水):新安比温泉…七時雨山登山…斗南温泉
●9/30(木):斗南温泉…大尽山登山を断念して下北半島の観光ドライブ…下風呂温泉
●10/1(金):移動日(下風呂温泉…仁別・森林学習館木こりの宿)
●10/2(土):仁別…大平山登山…秋田温泉
●10/3(日):移動日(秋田温泉…東京)
 ※移動はすべてマイカーです。

 7日間は長いと思っていたのですが、終わってみるとあっという間の出来事であったような、そんな感じです。つまり夢のような、すてきな一週間でした。
 山旅の詳細については近日中にHP(私達の山旅日記)にアップする予定です。

 写真(上):姫神山の山頂に到着!
 写真(中):七時雨山の山頂に到着!
 写真(下):太平山の山頂は近い!

http://www1.u-netsurf.ne.jp/~tamu/

 

大分・別府温泉

 投稿者:ss  投稿日:2021年 9月30日(木)19時22分48秒
返信・引用 編集済
  Tanuさんこんばんは。
28日からLCCで大分に行ってきました。
最初は29日でしたが、急遽欠航が決まり、2週間前に宿やレンタカーを取りなおしての旅行です。幸いカニが食べ放題の同じ宿が取れたのでラツキーでした。行く前は台風の心配しましたが、1日目と2日目めに僅かに雨に降られましたが、別府の地獄温泉巡り、2日目、
由布院まで行き金燐湖や道の駅、そして青空、由布岳登山口から望む緑の絨毯は本当に奇麗でした。かなり前に由布岳を登山したのを思い出しました。確か鎖場もあり見晴らしは上々で次の日は「みやまきりしま」の花の、九重連山を縦走したことがあります。
2日間同じ宿でしたのでゆっくり、それにうっすらですが四国も見えるのです。
今日は帰るだけでしたので、あまり疲れません。大分は温泉が多くあり何度でも行きたいと思いました。
地獄めぐり
金燐湖
血の池地獄
 
    (Tamuです)  ssさん、象徴的だから心に響く3枚の素敵な写真、ありがとうございます。
別府~由布院のまったりとした旅…「思い出」もお供にしての…いいですねぇぇ~。
  緊急事態宣言の解除されたこれからは、また一段と、自由な「旅」が計画できそうで、それが楽しみですね。

 9月27日から10月3日までの7日間、北奥羽(岩手、青森、秋田)の山旅をしていました。その関係で返事が遅くなってしまいました。平にご容赦を。
 

剱岳の筈が・・・

 投稿者:篠ちゃん  投稿日:2021年 9月27日(月)21時24分44秒
返信・引用
  Tamuさん 今晩は!
今日は早月尾根から剱岳ピストンを計画していたのですがケガで自宅療養中です。
 15日に実家の木(4m程)を伐採中に受け口が悪かったのか倒れないので脚立(2m)に登ってロープを掛けようとしたら
木が倒れてきて脚立と共に転落して脛の腓骨を骨折(ヒビ)してギブスと松葉杖の生活に成ってしまいました。
完治は2ヶ月程かかる様です。ケガで家に閉じこもりっきりで憂鬱な毎日を過ごしています。
 皆さんも転倒や転落には十分注意して下さい。
 
    (Tamuです) 大変なことになっていたのですね。お大事にしてください。伐採作業は本当に要注意です。命に別状なかっただけでもよかった、と思うしかありませんね。
それにしても、早月尾根で剣岳往復、の計画、だけでもすごいと思いました。成就できるといいですね。
 

陣馬山から景信山

 投稿者:ss  投稿日:2021年 9月25日(土)11時01分43秒
返信・引用
  Tamuさんこんにちは。
昨日、藤野駅バスはパスして陣馬山~景信山~小仏峠~小仏バス停に行きました。7月に同じコースを歩いた時は、もう大汗たらたらでみぞれやらアイスを食べて暑さをしのぎました。しかし、昨日は、樹林の中は秋風が心地よく吹いて、陣馬山までの登り以外は気持ち良く歩けました。
ウイークデーにもかかわらず、密を避けて人が思っていたより、多く歩いておりました。
残念ながら富士山方向は雲で見えません、花はもう盛りを過ぎておりましたが、ツリフネ,ツルニンジン、カラマツソウ、ノコンギク、シュウカイドウ、特に薄暗い場所のシモバシラは奇麗でした。1か月振りで心配しましたが、日頃のウオーキングのお陰か?何とか大丈夫でした。歩行6時間位でした。
 
    (Tamuです)  近隣の山はもう秋、のようですね。過ごすにはいい季節になってきました。
けっこうなボリュームのトレイルをあっさりとこなしてしまう、相変わらずのご健脚、なによりです。常日頃の鍛錬のたまもの、ですね。“薄暗い場所のシモバシラ…”う~ん、なかなかシブいなぁ。(^^)/
私はここ一ヶ月は(白馬岳登山以降は)家に閉じこもりっきりで、もう、歩き方も忘れてしまいそう…。(^^;)
 

高尾山からもみじ台へ

 投稿者:Yalkeys  投稿日:2021年 9月21日(火)12時26分6秒
返信・引用
  9/20 連休最終日、コロナ感染者下降傾向、快晴 という3つの条件でしたので、高尾山まで行きました。ケーブルカーは往復ともかなりの人出、特に下りは長蛇の列となっていました。
もみじ台の細田屋で名物の「なめこ汁」を賞味、猫舌の私はなかなか食べ始められません(涙)でしたが、大変美味でした。Mt.Fujiもバッチリでしたが冠雪がなくなり景色的にはちょっと残念でした。「ここより奥高尾」という立て看板がなぜか撤去されていて淋しく感じました。強風での倒壊を心配したのかも分かりません。
1・奥高尾を表示の小看板
2・細田屋のなめこ汁
3・もみじ台からの富士
 
    (Tamuです)  Yalkeys さん、高尾山の最新情報、ありがとうございます。「ここより奥高尾」の立て看板が撤去、されていたのですね。あれはインパクトのある“道標”で、私も何となく淋しく感じました。
 このシルバーウィーク、高尾山は“かなりの人出”というニュースは聞いていましたが、やっぱりそうだったのですね。
 “細田屋のなめこ汁”に写っているのはハンディ扇風機、でしょうか。阪神タイガース…いいなぁぁぁ~とても。
 ススキ越しの富士山…、そうですね、今はもう秋、なんですね。

 私事で恐縮ですが、今回のシルバーウィークは墓参りの外出だけで我慢することにしました。といっても、うちのお墓は栃木県ですから、東北道のサービスエリアなど、やっぱりかなりの人出で、少し怖いかも、と思ったりもしました。…ワクチン済みというのが、なんとなく安心感、ではありましたが…。
 お墓参りの帰路、久しぶりに太平山へ立ち寄って、謙信平~太平山神社と歩いて、とても懐かしかったです。…人出は、けっこうありましたが…、ハィ。
 

夜叉神峠へ

 投稿者:ルモン  投稿日:2021年 9月 5日(日)00時24分48秒
返信・引用
  tamuさんこんばんは。29日に夜叉神峠小屋泊で苺平まで行ってきました。山友の知人が小屋番をしているので今回は小屋泊が目的です。当初は「41人の嵐」の著者の星美知子さんが管理をしている両俣小屋に行きたかったのですが南アルプス林道の広河原~北沢峠間が不通の上、感染対策のため休業(山梨県が蔓延防止重点措置のため南アルプス市管理の山小屋はその期間中営業休止)なので夜叉神峠周辺のみの山行となりました。昔は(私が歩いた20年前の8月)峠にはヤナギラン、クルマユリ、マツムシソウ他色鮮やかな花がたくさん咲いていたのがマツムシソウが1輪とホタルブクロが申し訳なさそうに咲いているだけでした。縦走路の山火事後のお花畑も同じで鹿の食害とのことだそうです。小屋は私たち二人だけで(元々立地の関係で宿泊者はあまりいないよう)主に休憩ホイントの用途で個人で経営しているようでした。でも早朝のモルゲンロートは素晴らしく白峰三山が望めて良かったです。
 白馬岳の山旅拝見いたしました。9年前に蓮華温泉泊~白馬大池~白馬山荘泊~雪倉岳~朝日小屋泊~蓮華温泉の周遊で白馬村民宿泊での山旅では「これぐらいの行程が限界かな~」と感じたのを覚えています。コロナ禍においてもご自分たちのスタイルで山旅を楽しんでいらっしゃるのが羨ましいです。
  白峰三山と富士山の写真を添付します
 
    (Tamuです)  山小屋が目的の山歩き、というのもなかなかで、小屋前の山稜からのモルゲンロート…、ステキですね。「41人の嵐」の両俣小屋にも、なかなかチャンスはないかもしれませんが、行ってみたいと思いました。

 そういえば、2012年の8月に、ルモンさんから「白馬岳~雪倉岳~朝日岳」の投稿をいただいていたのですよね。健脚だなぁ、と思ったのを覚えています。「これぐらいの行程が限界かな~」と感じた、とのこと。私もあまり言えた義理じゃありませんが、お互い、がんばりましょう!

 コロナ下の今だからこその、静かな山歩き。山自体は大空の下で風が吹き紫外線が燦々と降り注いでいます。つまりコロナウイルスにとっては棲み難い環境が「アウトドア=山=自然」だと思います。そんな安全で安心な処へ(今だからこそ)行かない手はない、と思うのであります。もちろん、その交通手段に細心の注意を払って、という添え書きはつきますが…。
 

「白馬岳から蓮華温泉」を拝見

 投稿者:ヒデ坊メール  投稿日:2021年 9月 4日(土)22時03分56秒
返信・引用
  Tamuさん こんばんは!
 前回の「北アルプス横断」に続き、猿倉から大雪渓を登り白馬岳から蓮華温泉へ下る山旅お疲れ様でした。無理をせずに楽しまれて本当に羨ましく拝見いたしました。
3日目の白馬山荘~白馬大池は天候の悪い中でしたが、雷鳥を見ることが出来て良かったですね!
まだまだ、体力の続く限り無理をせずに、頑張って戴きたいと願っています。

私は、昨年の9月に栂池~白馬岳~清水岳~祖母谷温泉へ行きましたが、やはり白馬岳周辺は、何度でも行きたくなるところですね!
 ちなみに私は相変わらず、持病の脊椎分離すべり症による腰から左足の痺れのため、リハビリ散歩が続いています。一時期より大分歩けるようになりましたが、30分毎にストレッチをしながら歩くと云った状況で、登山再開の目途は立っていません。何としても、再びアルプスへ登れるように頑張りたいと思います。



 
    (Tamuです)  ヒデ坊さん、温かい書き込みありがとうございます。
 “やはり白馬岳周辺は、何度でも行きたくなるところ…”本当にその通りですね。今回の計画段階で、もちろん、ヒデ坊さんが歩かれた“白馬岳~清水岳~祖母谷温泉”のルートも検討したのですが、常日頃の鍛錬不足の私達夫婦にとってはきつすぎると判断しました。残念ですが、分相応なコース設定でお茶を濁した次第です。もっともっと頻繁に山に登って、足腰をうんと鍛えて、憧れの山とかコースを歩いてみたい、と夢見心地で思う今日この頃です。

 脊椎分離すべり症…と共存するのはとても大変なことだと推察いたします。少しずつでもいいですから、良い方向へ向かうといいですね。自身の持病(腰痛)も鑑みながら、心から応援いたします。
 

Re: 「白馬岳から蓮華温泉」をアップしました

 投稿者:ss  投稿日:2021年 9月 4日(土)20時16分45秒
返信・引用
  > No.4465[元記事へ]

Tamuさんへのお返事です。

> 先日の(もう一週間以上も前ですが…)白馬岳登山の山旅日記をHPにアップしました。おヒマなときにでも覗いてみてください。
> → http://www1.u-netsurf.ne.jp/~tamu/32-3siroumadake.htm
>
> 添付の写真は大雪渓の上部、天狗菱をバックに撮ったもので>
ssです。
白馬岳~蓮華温泉読ませて頂きました。
我々の年齢になると、自分の体力が落ちたことが分かり、それで無理のない計画を立てて実行されて怪我もなく無事縦走お目出とうございます。

19年ほど前、夜行で、猿倉から白馬山荘に登りましたが、アイゼン使用の大雪渓、結構大変で疲れた覚えがあります。翌日は雨で雪倉から朝日岳から小川温泉帰りは激安の航空券で富山から羽田に(8000円)山中2泊ですので疲れました。仕事があり休めない日程です。
最近はあー疲れたではなく、泊まる日にちを増やして楽な方法を考えます。
コロナの時期に出控えてしまいますが、その人の考えで行動すれば良いと思います。たまに山に行くと脚が慣れずに怪我をしますので。全然行かないわけには行きませんよね。それにしても北アルプス縦走、今回の白馬から蓮華温泉2回もお二人はやはり体力がおありになるのですね。羨ましいです。

 
    (Tamuです)  ssさん、さっそくのレスありがとうございます。
 今回の山行を通して、体力・気力・経験に応じた登山計画、って案外と難しいと思いました。当初は19年前のssさんと同じルートを計画していたのですが、予約の段階で朝日小屋の(女性の)ご主人から「白馬山荘から来る場合は相当に朝早く歩き出さないといけない」と注意されて、妻とも相談して、ギリギリでせわしない登山はしたくない、との判断で予約キャンセル(白馬大池山荘泊に変更)した次第です。意気地無しの計画変更で恐縮ですが、じつはそれからずっと悶々としていました。今思うと(その日が悪天候だったことや妻が靴擦れで痛がったこともあり)、がんばった方が良かったのかどうかは微妙な問題です。
 

「白馬岳から蓮華温泉」をアップしました

 投稿者:Tamuメール  投稿日:2021年 9月 4日(土)14時53分0秒
返信・引用
  先日の(もう一週間以上も前ですが…)白馬岳登山の山旅日記をHPにアップしました。おヒマなときにでも覗いてみてください。
http://www1.u-netsurf.ne.jp/~tamu/32-3siroumadake.htm

添付の写真は大雪渓の上部、天狗菱をバックに撮ったものです。

http://www1.u-netsurf.ne.jp/~tamu/

 

北岳・日帰りチャレンジ

 投稿者:篠ちゃん  投稿日:2021年 8月28日(土)21時10分46秒
返信・引用
   Tamuさん こんばんは!
久し振りの山行報告です。(96歳の母を看取って暫くの間山へ行けませんでした)
 27日(金)北岳へ行ってきました。18回目の登頂でした。大樺沢の豪快な沢の音、高山植物の花を愛でながら稜線に出ると仙丈・甲斐駒・鳳凰の山岳展望
二年振りの北岳に感激です。体力のバロメーターにしている山で(6:00)に歩き始めて帰りのバス(14:00)に間に合いませんでしたが
下山者に合わせて臨時便が出て助かりました。*30分オーバーでした。

北アルプスの奥地を探訪されて良かったですね。
私が北アルプスに初デビューしたのが47年前、それから年に一度の北アルプス山行が続きました。
日本最後の秘境と云われる雲ノ平・高天原温泉に憧れて行ったのが22年前5泊6日の山旅でした。
私達の山旅日記を見て、アルプス庭園の素晴らしかった事、高天原温泉の露天風呂を思い出します。
人気の白馬方面も人が少ないようでじっくりと楽しめた事と思います。白馬も2013年に栂海新道を歩いてから行ってません。
山旅日記へのUPを楽しみにしています。

 画像上:大樺沢二俣より北岳
 画像中:北岳・山頂と仙丈
 画像下:稜線小屋と間ノ岳

 
    (Tamuです)  篠ちゃん、投稿ありがとうございます。お母様のご逝去に対し、心よりお悔やみ申し上げます。

 1枚目の写真を拝見する限り、大樺沢上部の(バットレスの左下の)雪はもうほとんど融けているようですね。もう8月も末で、季節は秋ですから、さもありなんと思いました。雪があろうがなかろうが、何回見てもこの景観には感動します。いいなぁぁぁ~。
 それにしても、相変わらずの俊足で、北岳日帰りとは凄いです。篠ちゃんは、腰や膝などの関節は何ともないのでしょうか。平衡感覚や筋力、そして心肺機能など、それらを持続されているのは、ほんとうに尊敬です。あやかりたいものだといつも思います。
 

猿倉~白馬岳~白馬大池~蓮華温泉

 投稿者:Tamuメール  投稿日:2021年 8月28日(土)11時34分40秒
返信・引用 編集済
   8月23日から27日まで、麓に前泊・後泊で、北アルプスの北部(白馬岳の辺り)を夫婦で歩いてきました。

行程:
第1日目(曇り)=新宿8:00《特急あずさ5号》-11:41白馬駅…大出公園などを散歩…民宿
第2日目(高曇り)=民宿かくひら館-《宿の車》-猿倉~(大雪渓)~白馬山荘
第3日目(雨・風・霧)=白馬山荘~白馬岳2932m~三国境~小蓮華山2766m~白馬大池山荘
第4日目(曇り)=白馬大池山荘~天狗ノ庭~蓮華温泉
第5日目(晴れ)=蓮華温泉…タクシー…糸魚川…(北陸新幹線)…東京

 当初の計画では白馬岳→雪倉岳→朝日岳(朝日小屋・泊)→蓮華温泉だったのですが、私達の鈍足ではかなりきついと判断して、白馬大池経由で蓮華温泉へ下山、というコースに変更した次第です。1泊2日のコースを4泊5日で歩いた、ということになります、はぃ。…でも、第3日目の白馬山荘からの縦走日はかなりの悪天候だったので、コース変更は結果オーライとなったのではないか、と思います。
 なんといっても超人気の白馬岳です。大雪渓や山稜の大景観や、そして初秋の花たちなど、山旅の良さをたっぷりと満喫することができました。…こう云っては不謹慎かもしれませんが…、山小屋などが超静かなのも…今のシーズン中では得難い経験だと思いました。…あの白馬岳が閑散としていて、朝の山頂は私達夫婦だけだったなんて…。
 蓮華温泉の露天風呂めぐりも、とても良かったです。

 写真(上):白馬大雪渓を登る
 写真(中):白馬岳の山頂にて・風が強い!
 写真(下):天狗ノ庭にて・バックは雪倉岳~朝日岳方面

http://www1.u-netsurf.ne.jp/~tamu/

 

パラリンピックモニュメント

 投稿者:Yalkeys  投稿日:2021年 8月24日(火)11時57分1秒
返信・引用
  過日、高尾山山頂に設置されたオリンピックモニュメントをご紹介させていただきましたが、それがパラリンピックモニュメントに置き換わっています。本日からパラリンピックが始まりますが、8/22に出かけて参りました。青空もありましたが、MtFujiは雲の中でした。  
    (Tamuです)  Yalkeysさん、高尾山のパラリンピックモニュメントの写真、ありがとうございます。すっきりとしたデザインで、なんか、かっこいいですね。
 鍛錬を重ねた力と技で、コロナ下で生き抜く勇気を与えてくれる…。そんなパラリンピックを、テレビ観戦で応援している今日この頃です。
 

大菩薩嶺

 投稿者:ss  投稿日:2021年 8月23日(月)17時25分29秒
返信・引用
  Tanuさんこんばんは。
今日は大菩薩に青春18キツプがあるので行きました。
塩山方向は曇りでしたが、何しろ人が多いのは困るので今日しかないとの判断でした。
でも、東京は晴れで青空それなのに塩山は曇り?
高尾で乗り換えて甲斐大和から乗り合いのバスで上日川峠に行きます。もうこの時から涼しくやはり此処まで来て良かったと思いました。
上日川峠から歩き出しますが寒いです。其れも少しの間で、丁度良くなりました。今は青空も出て居り、緩やかに歩き出します。ふくちゃん荘からは急登、唐松尾根を登ります。
此の急登の大変ではありません、涼しいですから。
登り切り少し早いけど、お昼にしました。もう此の頃は雲が多く上がり、大菩薩湖は見る見るうちに雲で見えなくなりました。大菩薩嶺を通り、此処で何と鹿に会いました、私と目が合いでも逃げないで写真が撮れました。今日は丸川峠経由これから2時間30分ぐらいの急な下りを、雨が降った跡と見え、岩場が滑るので注意して歩く。でも天然のクーラーが気持ち良く有難いと思います。丸川峠に着き以前はウバユリ(若草色)と麗人ソウが咲いていたのに今は見られません。柵で囲いわずかに柳ランやクルマユリが、時期が遅いのかもしれない。此処から相変わらず岩の間を転ばない様に注意して歩く。両方の沢に囲まれて見える頃指導標により左にここから程なく裂石バス停に、ここからは最後は標高が低くなり暑いです。ウイークデーなので人はあまり居なくて密にならない、夕立にも遭わないで
良い山歩きが出来ました。
山中で鹿に曹禺
 
    (Tamuです)  ssさん、大菩薩嶺登山の記録、ありがとうございます。シカの写真、よく撮れていますね。
 じつは、つい先日、私も(殆ど同コースで)大菩薩連嶺を計画しました。この時季、近くて涼しくてよい山、ということになるとまず大菩薩が心に浮かびます。私の場合、お天気の関係などでボツになりましたが、考えることはssさんと同じだったのだなぁ、と内心ニヤッとした次第です。

 私事で恐縮ですが、23日~27日は白馬岳の辺りを歩いていました。返信が遅くなってしまってスミマセンでした。
 

アブトの道

 投稿者:ss  投稿日:2021年 8月14日(土)15時06分6秒
返信・引用
  Tamuさんこんにちは。
台風や大雨で出かけられません。8月8日、9日を台風の影響を考慮して前倒し、アブトの道に行きました。
8日家を出る時はかなりの雨に少し戸惑いましたが、現地は9時ごろから晴れの予報に上野駅から高埼行きに乗る。電車はかなり空いて密にならないで塩梅がよい。
上越線横川行きに乗ると雨が降り、横川駅に着い時は本降りでカツパを着る。
こんな筈では?
此処からとうげの湯迄トロッコ電車が運転されているが、待ち時間があり1人は乗ることにして、私達2人は歩き出す。ところが30分もしないうちに暑くなり雨も止んだ。旧丸山変電所を過ぎてとうげノ湯で電車の待ち合わせ。3人揃いめがね橋の上から写真を、下からは帰りにして5つぐらいの薄暗いトンネルを通り熊の平で至福の時を過ごす。此処は樹林の中です涼しい。此処からめがね橋を下から、明治に作られたその橋は今でもびくともしない、小さなタイルだけが少し剥がれ落ちている、当時の建設の水準を思い知らされた。
此処で人間は楽な方法を考える。雨が降ればここから横川まで1日に1本しかないバスを調べて置いた。この暑さではとうげの湯に入るしかない?1時間以上歩くのは取りやめ。3人纏るが早い。お風呂に入り、トロッコ電車にのり横川へ、久しぶりに帰りにお風呂に入りサツパリ。今日は空いていてラツキーでした。

 
    (Tamuです)  めがね橋は、昨年の秋に鼻曲山登山から小浅間山登山への移動の際に見物しましたが、なかなか迫力があってシックで、よいものを見たという記憶があります。ここを中心にしたトレッキングコースも整備されているようですね。その終点には峠の湯が待っている、というのも魅力満点です。ssさんのご報告を読んで、私も何時かまったりと同コースを歩いてみたいと思いました。
 

/219