投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


野底岳山頂からの展望

 投稿者:Tamuメール  投稿日:2020年 2月23日(日)22時34分45秒
返信・引用
  石垣島の野底岳山頂からの展望です。へたくそな動画ですがYouTubeに投稿してみました。
https://www.youtube.com/watch?v=RhhTjf0OJl4&feature=youtu.be

http://www1.u-netsurf.ne.jp/~tamu/

 

八ヶ岳(西岳、編笠山)

 投稿者:篠ちゃん  投稿日:2020年 2月20日(木)20時44分22秒
返信・引用
   Tamuさん こんばんは!
石垣島の山旅拝読させて戴きました。亜熱帯の植物はピンと来ませんが植物園の温室を思い浮かべてみました。観葉植物の様な常緑樹が多いですね! 山頂からの見晴らしはどんな感じでしょうか?
 私は昨日(2/19)八ヶ岳(西岳・編笠山)へ行って来ました。コースは(富士見高原P-不動清水-西岳-青年小屋-編笠山-盃流し-P)です。気温は登山口で(-7℃)雪は少なく2,000M付近からでアイスバーン気味でした。西岳で20cm程、快晴で風も弱く大展望が楽しめました。青年小屋への樹林帯で積雪60cm程、トレースはありますが前日の強風で消えている所もありました。青年小屋からは岩場と雪で目印とトレースを目安に編笠山へ到着。此処は360度の大パノラマ目の前の迫力ある八ヶ岳の峰々・蓼科山・富士山・南アルプス・中央アルプス・御嶽山・北アルプス・遠く白山までも見えました。カップラーメンやスープで展望を眺めながらゆったりと過ごしました。下山は滑って大変でしたが何とかチェーンのまま降りました(山友は勿論アイゼンでしたが)。盃流しは一昨年の土石流で壊滅していました。4週連続の雪山でした。
 画像上:西岳よりギボシ・権現
 画像中:青年小屋上より富士山
 画像下:編笠山よろ赤岳・権現岳
 
    (Tamuです)   お天気に恵まれて、素晴らしい冬の南八ヶ岳でしたね。この時季としてはやや足んなめな雪も黒々とした岩との対比で迫力があります。遠くに浮かんでいるような富士山にも風情があって、いいなぁ、この感じ。毎度素敵な写真をありがとうございます。

“(石垣島の山の)山頂からの見晴らしはどんな感じでしょうか?”のお尋ねについて:
山旅日記の文中には“岩上から眺めた山並みやサンゴ礁の海辺の景色は、もちろん、絶品だった。”としか書きませんでしたが、それは、それ以上は書けなかったからです。
小さな島のピークからの展望ですから、少しの(手前の)森とその周囲のただっ広い海しかないわけで…無限と思えるほどの広い海ですが…お天気がイマイチだったこともあるのかもしれませんが、視界はかなり有限、といった感じでした。常念山脈から眺めた槍~穂高の山岳風景とは…もちろん…比べようもありませんが、“感動”だけの基準で捉えるならば、やはり槍~穂高の景観にはほど遠い、と申し訳ないけれど、そう思いました。
 

石垣島の山旅日記をアップしました

 投稿者:Tamuメール  投稿日:2020年 2月17日(月)21時54分43秒
返信・引用
  先日の石垣島の山旅(於茂登岳・野底岳・屋良部岳)の記録をHPにアップしました。お暇なときにでも覗いてみてください。
http://www1.u-netsurf.ne.jp/~tamu/392omotodake.htm

 於茂登岳の登山口近くにて

http://www1.u-netsurf.ne.jp/~tamu/

 

石垣島・於茂登岳のお返事

 投稿者:ヒデ坊メール  投稿日:2020年 2月12日(水)21時46分5秒
返信・引用 編集済
  Tamu さん 今晩は
沖縄の西、もう台湾の方が近い位にある石垣島は行った事がありません!
沖縄で一番高い山が於茂登岳も、知りませんでした。
南国のジャングルを想像してしまいます。
最高の天気ではなかったようですが、暖かくて良かったですね!
 
    (Tamuです)  でも実際のところ、石垣島はかなり管理された処で、ある意味関東山地の山奥などよりもよっぽども都会的で安全で人間臭いかもしれません。確かに(私にとってその植生が珍しいということで)南国のジャングル~という感じもしましたが…。
石垣島は、時間がたっぷりとある中高年のアウトドア派にはお勧めの島だと思いました。
とにかく、お察しのとおり、(私にとっては)暖かいのが何よりでした。
 

Re: 石垣島・於茂登岳

 投稿者:ss  投稿日:2020年 2月12日(水)08時50分36秒
返信・引用
  > No.4205[元記事へ]

Tamuさんへのお返事です。

> 2月6日から8日までの3日間、LCC(Peach)を利用して、夫婦で、石垣島へ行ってきました。
>
> ●2月6日(木)=成田空港14:40…18:40新石垣空港-《レンタカー》-ホテル「花と緑のみずほ石垣島」
> ●2月7日(金)=…登山口8:30~於茂登岳526m(往復)…13:20登山口-《車》-野底岳284m(往復)…石垣島ビーチホテルサンシャイン
> ●2月8日(土)=…屋良部岳217m登山・島内一周観光…新石垣空港19:20…22:10成田空港…
> ※移動はレンタカーにて
>
>  2泊3日とはいえ、実際に島内で行動ができたのは7日と8日の2日間です。その(行動日の)第1日目に、沖縄県の最高峰で岩崎元郎さんの新日本百名山の一座でもある於茂登岳(宇本嶽、宇茂登嶽、大本岳・おもとだけ、ウムトウダキ)526mにまず登りました。
>  亜熱帯性原生林の急坂(標高差約400m)を正味1時間半ほどかけて登るのですが、途中で本降りの雨になりまして、慌てて雨合羽を身に着けました。雨は1時間ほどで止みましたが、三等三角点のある山頂からの展望はもやっていてイマイチです。どこだかのビーチの例のターコイズブルーの海の色が霞んで(芸術的に)見えていました。
>  植生については殆ど知らないものばかりで、なにもかにもが新鮮で興味津々でした。粘土状の滑りやすい赤土や…徒渉や滝見物やササの藪漕ぎや岩場など、けっこう変化もあって面白かったです。
>  なんといっても…、西に台湾もすぐ近くというこの八重山群島の石垣島です。一年で最も寒い筈のこの季節でさえ日中の最低気温約20℃~最高気温約25℃というのはミラクルで、寒がりの私にはパラダイスです。
>  この日の午後はレンタカーの日産ノートを(於茂登岳登山口から)30~40分ほど走らせて、林道のような小道に車を停め、とんがり頭で遠目にもよく目立つ山容の野底岳(野底マーペー・のそこだけ・ヌスクダキ)284mのピークを往復しました。20分ほどの急登で原生林を抜けると大きなごろ石が重なる山頂(三等三角点あり)に着きます。ここから眺めた山並みやサンゴ礁の海辺の景色は、もちろん、絶品でした。
>
>  海辺のリゾートホテルでまったりと一夜を明かした翌日(最終日)は、島内一周のドライブを楽しみました。予約の(復路の)航空便が夜の7時20分発なので、丸一日を使うことができて、かなりじっくりと観光ができたのが何よりでした。この日のお天気がマァマァだったこともあり、各所の展望所やいろいろなビーチやヒルギ群生地やハンナ公園(ハンナ岳)などもとてもよかったです。特に、路肩に車を停めて(往復正味約25分の)急勾配を登った屋良部岳(やらぶだけ・217m)のピーク(岩上)は360度展望のスリル満点で、冒険心をくすぐられっぱなしでした。妻はビビりっぱなしでしたが…。
>  ともあれ、石垣島の代表的な3つのピーク(於茂登岳・野底岳・屋良部岳)を踏破できて、それだけでも大満足の石垣島の山旅でした。
>
>  写真(上):於茂登岳の三角点
>  写真(中):野底岳の山頂にて
>  写真(下):屋良部岳の山頂も風が強い!
> SSです。
3月下旬まで帰りは遅い飛行機が飛んでいて行動しやすいですよね。4月からは帰りは早いので、昨年私が行ったスケジュールは1泊で行けそうです。(現地にお金がおちる様に?)石垣島は本当にサンゴ礁が奇麗でお天気により本島から行くまでも海、もう言うことなしです。沖縄に親戚がおりお正月に15人集まり、それではこたつは入りきれないと私、何と暑くて半そで、こたつはないそうです。でも何かあると航空運賃はーーーー
今は行きやすくなりましたが(LCC)本当に冬はお勧めかもしれない。低山ながら素晴らしい景色を堪能良かったですね。今回は外国人が少なく静かでは。
 
    (Tamuです)  ssさん、早速のレス、ありがとうございます。
ssさんの投稿(2019年5月)からずっと、私も(LCCを利用して)八重山諸島へ行ってみたいなぁ、と思っていました。
今回の石垣島はとても静かで、ご推察のとおり外国人はほとんどいませんでした。
そういえば、1泊目の石垣島のホテルにはクーラーは(もちろん)あるけれど暖房設備はなかったなぁ~。(^^;)
 

金峰山 リベンジ

 投稿者:篠ちゃん  投稿日:2020年 2月11日(火)21時12分19秒
返信・引用
   Tamuさん こんばんは!
石垣島への山旅、素晴らしいですね! 私も沖縄の山へ行きたいと思っていたのですが実行できないまま時が過ぎていきます。 観光で行った時に泊まったのがビーチホテルサンシャインでした。海辺のレストランでの夕食BBQを思い出します。
 私は先月、山頂目前でラッセルを強いられ時間切れで引き返した金峰山へ昨日(2/10)リベンジに行って来ました。しっかりしたトレースで難無くリベンジ(往復7H)、好天の予報でしたが雲が出て寒く富士山・南アルプス・八ヶ岳・浅間山などの展望も今一でした。山頂でカップラーメンを食べただけで寒くて早々に下山しました。
 画像上:稜線より山頂方面
 画像中:僅かに見える富士山
 画像下:五丈岩
 
    (Tamuです)  金峰山のリベンジ、よかったですね。奥秩父も2月だとギンギンの雪山、ですよね。冬山はその難易度が天気に大きく左右されます。お天気に恵まれて何よりでした。というか、その好天気を狙っての山行、だったのですよね。流石です。

 本BBSの検索機能(“石垣島”で検索)を使って調べてみました。篠ちゃんは2008年の4月に石垣島などの八重山諸島へ行かれているのですね。そのときの篠ちゃんの投稿文を読み返してみて、なんか、とても懐かしい感じでした。その頃の私には八重山諸島はものすごく遠い存在で、はっきり言って、ぴんときていませんでした。…飛行機を利用すると、ほんとうにあっという間の石垣島、なんですね。地球は案外小さいなぁ、なんてふと思いました。
 

石垣島・於茂登岳

 投稿者:Tamuメール  投稿日:2020年 2月 9日(日)23時54分26秒
返信・引用 編集済
  2月6日から8日までの3日間、LCC(Peach)を利用して、夫婦で、石垣島へ行ってきました。

●2月6日(木)=成田空港14:40…18:40新石垣空港-《レンタカー》-ホテル「花と緑のみずほ石垣島」
●2月7日(金)=…登山口8:30~於茂登岳526m(往復)…13:20登山口-《車》-野底岳284m(往復)…石垣島ビーチホテルサンシャイン
●2月8日(土)=…屋良部岳217m登山・島内一周観光…新石垣空港19:20…22:10成田空港…
※移動はレンタカーにて

 2泊3日とはいえ、実際に島内で行動ができたのは7日と8日の2日間です。その(行動日の)第1日目に、沖縄県の最高峰で岩崎元郎さんの新日本百名山の一座でもある於茂登岳(宇本嶽、宇茂登嶽、大本岳・おもとだけ、ウムトウダキ)526mにまず登りました。
 亜熱帯性原生林の急坂(標高差約400m)を正味1時間半ほどかけて登るのですが、途中で本降りの雨になりまして、慌てて雨合羽を身に着けました。雨は1時間ほどで止みましたが、三等三角点のある山頂からの展望はもやっていてイマイチです。どこだかのビーチの例のターコイズブルーの海の色が霞んで(芸術的に)見えていました。
 植生については殆ど知らないものばかりで、なにもかにもが新鮮で興味津々でした。粘土状の滑りやすい赤土や…徒渉や滝見物やササの藪漕ぎや岩場など、けっこう変化もあって面白かったです。
 なんといっても…、西に台湾もすぐ近くというこの八重山群島の石垣島です。一年で最も寒い筈のこの季節でさえ日中の最低気温約20℃~最高気温約25℃というのはミラクルで、寒がりの私にはパラダイスです。
 この日の午後はレンタカーの日産ノートを(於茂登岳登山口から)30~40分ほど走らせて、林道のような小道に車を停め、とんがり頭で遠目にもよく目立つ山容の野底岳(野底マーペー・のそこだけ・ヌスクダキ)284mのピークを往復しました。20分ほどの急登で原生林を抜けると大きなごろ石が重なる山頂(三等三角点あり)に着きます。ここから眺めた山並みやサンゴ礁の海辺の景色は、もちろん、絶品でした。

 海辺のリゾートホテルでまったりと一夜を明かした翌日(最終日)は、島内一周のドライブを楽しみました。予約の(復路の)航空便が夜の7時20分発なので、丸一日を使うことができて、かなりじっくりと観光ができたのが何よりでした。この日のお天気がマァマァだったこともあり、各所の展望所やいろいろなビーチやヒルギ群生地やハンナ公園(ハンナ岳)などもとてもよかったです。特に、路肩に車を停めて(往復正味約25分の)急勾配を登った屋良部岳(やらぶだけ・217m)のピーク(岩上)は360度展望のスリル満点で、冒険心をくすぐられっぱなしでした。妻はビビりっぱなしでしたが…。
 ともあれ、石垣島の代表的な3つのピーク(於茂登岳・野底岳・屋良部岳)を踏破できて、それだけでも大満足の石垣島の山旅でした。

 写真(上):於茂登岳の三角点
 写真(中):野底岳の山頂にて
 写真(下):屋良部岳の山頂も風が強い!

http://www1.u-netsurf.ne.jp/~tamu/

 

赤岳

 投稿者:篠ちゃん  投稿日:2020年 2月 6日(木)21時31分57秒
返信・引用
   Tamuさん 今晩は!
4日(火)赤岳へ行って来ました。19回目(冬期9回目)です。美濃戸まで車で入れました。ルートは(美濃戸P-行者小屋-文三郎尾根-赤岳-地蔵尾根-行者小屋-美濃戸P)を登りました。積雪は例年並み(行者小屋で70cm位)にありました。雪は締ってアイゼンで快調に登れましたが寒かったです。山頂の展望は富士山・南アルプス・中央アルプス・御嶽山・北アルプス・蓼科山・浅間山と360°の大展望でした。気温は-16℃、風は5m位でしたが寒くて休憩もそこそこに下山開始、地蔵尾根は積雪も多く山友が心配でしたが無事に下山できました。行者小屋でカップラーメン・スープなどで寛いで下山しました。前日は強風で皆引き返したそうです。
 5日(水)は霧ヶ峰スノーシューの予定でしたが雪が少なく、天気も吹雪始めたので御小屋山コースを偵察して帰宅しました。少し物足りなさは残りましたが天気は仕方なしですね。
 画像上:権現岳と南アルプス
 画像中:赤岳・中・阿弥陀岳
 画像下:地蔵尾根の下り
 
    (Tamuです)  “雪は締ってアイゼンで快調に登れましたが寒かったです”とのこと、羨ましいような(寒さに弱い私にとっては)大変だったような、微妙な私の内心です。何れにしても、その日のお天気が良くて、絶好の雪山登山でしたね。日の当たる真白き峰々の輝き…いいなぁぁぁぁぁ~…こういう山岳風景を見ることができるなんて、これぞ山をやっていてよかったと思う“とき”ですよね。山友さんのガッツポーズが全て、それを物語っているように思いました。
 

高尾~景信~小仏バス停

 投稿者:ss  投稿日:2020年 2月 5日(水)10時04分39秒
返信・引用 編集済
  Tamuさんおはようございます。
2日に高尾山に行きました。9時に高尾山口に着いたのですが、この寒さ若い人が大勢、私は稲荷山~4時間30分ぐらいのコースを歩きましたが、尾根以外は未だ通行止めの個所があります。この日も富士山が奇麗に見えました。先週は雪があったとか。私はアイゼン持参でした。
景信~の下山は寒くて家を出た時の服装です。バスも2分ぐらいで出発。高尾駅北口から京王線に回り駅で焼き立てのライ麦バンを購入してあまり汗をかかないので其の儘帰りました。家に帰りライムギバンのピザトーストでワインを楽しみました。本当は何もつけいないで食べるのが私流ですが。
 
    (Tamuです)  高尾山で(大室山の右奥に聳える)すっきりとした富士山展望を楽しむ。これがありそうで案外とレアなことでして…。よかったですね。常日頃の行い、ですね。
 ライムギパンでワイン、ですか。今度いつか、できたら近いうちに、是非試してみようと思います。なお、フランスパン(なるべく固いやつ)と赤ワイン(ボルドーがベター)は、私の大好物な取り合わせです。(^_-)-☆
 

杓子山

 投稿者:HA  投稿日:2020年 2月 4日(火)00時46分44秒
返信・引用 編集済
   日曜日に無雪期登って富士山に会えなかった杓子山に登りました。富士山駅からバスで役場前へ行き高座山を目指します。雪が腐っていて歩き辛いが風も無く暖かい日で山頂でくつろぎました。鹿留に寄って立ノ塚峠から内野へ下りると直ぐバスが来て、富士山駅に着くと直ぐ新しい特急が出ると言う。取り付きで道を間違えたり標識見過ごしてアルバイトしたりしましたが最後は旨く行きました。(電車は通路に座った。)
 前回の写真、鬼籍に入った父が昔香港で買ったズボンでそう言えば妻から「そのズボンはくなら一緒に歩かない。」と言われたのを思い出しました。失礼いたしました。
 
    (Tamuです)  絶妙なタイミングの交通機関で、ストレスの少ない山行でしたね。そういう運のいいときも(たまには)ありますが、最悪の時もけっこうあったりして。タッチの差で最終バスが出てしまったりとか2時間に1本の電車が出てしまったり、とか。

 ズボンといえば、最近はパンツっていうんですね。私はどうもその呼び方に慣れなくて、いまもこれからもズボンと云うと思います。パンツっていったら所謂“西洋ふんどし”のことですよねぇ。…HAさんの投稿でふとそんなことを思いました。
 

小天狗塚・双子山 初山行

 投稿者:篠ちゃん  投稿日:2020年 2月 3日(月)17時58分45秒
返信・引用
   Tamuさん こんばんは!
2/1(土)今年の初歩きです。水が塚Pから小天狗塚・双子山を歩いてきました。
ホームゲレンデへ山友と雪山を楽しんできました。積雪は30cm位で硬いバーンでした。
 知人に修理していただいたアイゼンの試し履きです。風も弱く目の前の富士山・宝永山と山中湖・道志の山・丹沢・箱根・江の島・三浦半島・大島・愛鷹山・伊豆半島・駿河湾 等々大展望でした。近くて楽しめる良い場所です。
 画像上:小天狗塚西面より富士山・宝永山
 画像中:小天狗塚より双子山・丹沢
 画像下:下塚より上塚・富士山・宝永山
 
    (Tamuです)  もはや篠ちゃんの“庭”といってもいい山域ですよね。バージンスノーの雪面を縦横無尽に歩かれるお二人の姿を想像して、かっこいいなぁ、と思います。
 寒がりの私は今、石油ストーブを抱くようにしながら体を半回転させてパソコンに向かっています。(^^;)
 

2月1日に高尾山へ行き、記録をHPに載せました。

 投稿者:都築山人メール  投稿日:2020年 2月 3日(月)17時35分36秒
返信・引用
  塩尻に住む友人が、横浜駅西口で15時から始まる会議の前に高尾山を歩きたいというので、ケーブルを使って高尾山に登り、稲荷山コースを下ることにしました。

高尾山口で電車を降りてから帰りの電車に乗るまで3時間50分の枠の中で、登山道も歩き、高尾山から下って昼食も摂るとなると、こんなコースになってしまうのです。正味歩行時間は登りが35分、下りが87分で、休憩を含む行動時間は2時間37分でしたから、あと30分ぐらいなら歩く時間はありましたが。

この日は快晴で、高尾山の頂上から、南アの塩見岳と農鳥岳が見えました。私はこの季節の午前中に高尾山の頂上に来たことがなかったので、高尾山から南アの山の形をはっきり見たのは初めてでした。

稲荷山コースは大きな段差も少なく、急傾斜の箇所もなくて歩きやすいコースだと思いましたが、上り下りする人の数はかなりの多さでした。

http://tdk.my.coocan.jp

http://tdk.my.coocan.jp/

 
    (Tamuです)  “高尾山の頂上から南アの塩見岳と農鳥岳が見えました”とのこと。この時季のその日、よかったですね。ご友人も(多分)満足されたと思います。それとももしかして、高尾山ってこんな程度なの、とがっかりしたかもしれませんが…。
 稲荷山コースの下部…もうすぐ(ケーブルカーの)清滝駅だというその小道の右下の、木々の隙間から見えていた処に、私はそのときその場所にいました。都築山人さんとニアミスしていたのですね。…なんか不思議な感覚です。
 

宝登山のロウバイ

 投稿者:ルモン  投稿日:2020年 1月31日(金)22時47分9秒
返信・引用
  tamuさんこんばんは。ご無沙汰しています。昨年の秋口から夫が体調を崩していましたが、回復に向かい久しぶりに山歩きを楽しみました。昨日のぽかぽか陽気の中、宝登山は多くのハイカーで賑わっていました。前回は長瀞アルプスを縦走?今回はロウバイが目的なので神社からの往復です。ロウバイは丁度見ごろ、梅はこれからですね。両神山と武甲山の展望を楽しみ帰路には秩父温泉「祭りに湯」に立ち寄りました。西部秩父駅に併設された施設で、まだ新しくきれいでいろんなお湯があり1000円未満(990円)はお得です。
 
 
    (Tamuです)  ルモンさん、ご主人の体調が回復に向かってるとのこと。よかったですね。
宝登山のロウバイと聞くと、春の訪れを感じ、ほんわかとした気持ちになります。そうですよね、もうそろそろ節分、ですもの。
「祭の湯」は秩父方面への下山後に使えそうですね。いい情報をありがとうございます。
 

Re: 那須・中の大倉山スノーシュー

 投稿者:ss  投稿日:2020年 1月28日(火)15時23分37秒
返信・引用
  > No.4195[元記事へ]

ssさんへのお返事です。

> Tanuさんこんにちは。
> 昨日入笠山は2日間の暖かさで雪が解けてスノーシューが出来ない事が分かりましたので、行く先を前日に変更、那須の中の大倉山にしました。
> スノーシュウはマウントシーズンスキー場迄7人でマイカーで行きました。そこからゴンドラで中の大倉山の先まで約2時間30分歩き、そこから尾根を外れて福島方向を眺めると猪苗代湖が見えました。勿論吾妻山方向も。お天気は晴れで暖かいので、寒い思いはしません。帰りは1時間15分ぐらいで下りられて、結構楽しいハイキングが出来たと思います。スキー場に行くまで雪はなく車は楽ですが、ゲレンデは少し雪が不足で真ん中以外はは滑れません。帰りに板室温泉で汗を流し帰路へ、道路も流れていたので7時過ぎには家に帰れました。
> 2枚目は朝日岳(凸凹)~ほとんど見えない茶臼岳少し出ている
ssです。
5月の中旬ごろは中の大倉山はシロヤシオが有名だそうで、那須塩原から8時過ぎのスキー場迄往復無料のバスが出ておりますので、行は新幹線帰りは普通で行けそうです。
私も日帰りで朝日岳~中の大倉山から北温泉に下りて、マイカーの人に最寄りのバス停まで乗せて頂き、日帰りが出来た事があります。(青春18キツプ使用)15年ぐらい前でしょうか。
 
    (Tamuです)   スノーシューハイクも魅力だけれど…、中の大倉山に群生するシロヤシオ(ゴヨウツツジ)などを愛でながら、その季節に、のんびりと歩いてみたいとも思いました。
 

那須・中の大倉山スノーシュー

 投稿者:ss  投稿日:2020年 1月27日(月)14時14分4秒
返信・引用 編集済
  Tanuさんこんにちは。
昨日入笠山は2日間の暖かさで雪が解けてスノーシューが出来ない事が分かりましたので、行く先を前日に変更、那須の中の大倉山にしました。
スノーシュウはマウントシーズンスキー場迄7人でマイカーで行きました。そこからゴンドラで中の大倉山の先まで約2時間30分歩き、そこから尾根を外れて福島方向を眺めると猪苗代湖が見えました。勿論吾妻山方向も。お天気は晴れで暖かいので、寒い思いはしません。帰りは1時間15分ぐらいで下りられて、結構楽しいハイキングが出来たと思います。スキー場に行くまで雪はなく車は楽ですが、ゲレンデは少し雪が不足で真ん中以外はは滑れません。帰りに板室温泉で汗を流し帰路へ、道路も流れていたので7時過ぎには家に帰れました。
2枚目は朝日岳(凸凹)~ほとんど見えない茶臼岳少し出ている
 
    (Tamuです)  中の大倉山って何処だろう、と思って地図を調べてみてはたと思い出しました。もう20年以上も昔の夏のことですが、三本槍岳から中の大倉尾根を辿って北温泉へ下山したことがありますが、そうですか、あのときの尾根筋ににあった山が中の大倉山だったのですね。それにしても(雪山登山によさそうな・しかし穴場的な)すごい処をご存じですね。いつもながら感心します。
今回も素敵な情報をありがとうございます。
 

超静かだった鷹取山

 投稿者:Tamuメール  投稿日:2020年 1月23日(木)21時12分56秒
返信・引用
   行程: 京浜急行線・神武寺駅~神武寺~鷹取山139m~磨崖仏~追浜駅 【正味の歩行時間2時間30分】

 本日、この悪天候の中、予定通り、山の仲間たちと、近くの(三浦半島の)鷹取山139mに登ってきました。合羽を着て、傘を差してのハイキングで、いつもはたくさんのハイカーで賑わう山中では、やっぱり誰とも出会いませんでした。なので…私たちの世代が遠い昔・遠足で歩いた鷹取山を、充分堪能できました。この山域は、とても小さな山域ですが、けっこう“自然”なんです。
 下山後、京急の追浜駅のすぐ近くの磯料理店で打ち上げて、大団円でした。

http://www1.u-netsurf.ne.jp/~tamu/

 

膝痛

 投稿者:HA  投稿日:2020年 1月23日(木)14時38分31秒
返信・引用
    若い時にサッカーで右足の膝を捻挫してから恒常的ではないのですが痛み出す様になり、大きな病院でMRIまで使って検査して貰いましたが何とも無いと言われました。50才過ぎて山歩きをする様になりひどく痛む時もあって困っていましたが、何年前か忘れましたがNHKのためしてガッテン!でやっていた方法で劇的に改善しました。やり方は椅子に座り膝を伸ばして息を吐きながら手で膝を数秒押す、これだけです。私は声を出してゆっくり五回数えながら伸ばし少し間をおいて又、押さえるを五回繰り返します。これを朝と午後やっています。簡単なのでお悩みの方はためしてみてください。
 
    (Tamuです)  HAさん、膝痛に関する素晴らしい情報、ありがとうございます。
いま、私は“息を吐きながら手で膝を数秒押す”ことをしながらこの返信を書いています。…この痛み、いつか何とかならないものかと、ず~っと思ってきました。少し光明が差してきたような、そんな感じです。
まぁ、時間のかかることだとある程度は理解していますので、今やってすぐの効果ということではないのはわかりますが、私も今から、当分の間、試してみようと思います。
 それにしても、HAさんの股引(タイツ?)、なかなかの柄ですね。
 

六ツ石山

 投稿者:HA  投稿日:2020年 1月20日(月)11時08分3秒
返信・引用 編集済
    少し遅くなりましたが登り初めは昨日、六ツ石へ行って来ました。水根のバス停から歩き石尾根で奥多摩に戻ります。山頂付近は10cm位雪がありましたが少し下がると南側はクサレていて歩きづらかった。滑り止めは使いませんでした。綺麗な富士山に会えました。



 
    (Tamuです)  石尾根は気持ちのいい尾根歩きができますよね。
定年になって毎日が日曜日になって、私達夫婦が初めて出かけたのが「 飛竜山から雲取山と鷹ノ巣山 」でしたが、その最終日(第3日目)に雲取山荘から石尾根を辿って奥多摩駅・もえぎの湯まで歩いたのを思い出しました。思い出に残る素晴らしい山旅でした。今さっき自身の山行記録を読み返してみましたら、雲取山荘から歩き始めたのが午前6時20分頃で、「もえぎの湯」に下山したのは“4時を少し回っていた”ようです。今より15歳ほども若かったのに、けっこう石尾根って長大だったんだなぁ~と思いました。HAさんの書き込みに触発されて、また行ってみたいと思いました。う~んと時間をかけて…。
 ちょっと外してしまったかも。しかも長文になってしまって…。ご容赦を。m(__)m
 

Re: [都留アルプス]をアップしました

 投稿者:ss  投稿日:2020年 1月15日(水)10時44分3秒
返信・引用 編集済
  > No.4190[元記事へ]

Tamuさんへのお返事です。

> 先日の都留アルプスの山行記録を拙HPにアップしました。お暇なときにでも覗いてみてください。
> → http://www1.u-netsurf.ne.jp/~tamu/391turu_alps.htm
>
> ssです。
楽しく読ませて頂きました。私達も5日日曜日だと言うのに誰にも会いませんでした。富士山を見るのには物足りないですが、町を見ながら楽しめるこの山は他にはあまりありません。又発電の橋も珍しいですよね。最後の発電所のスロープが凍りそこだけが少し難渋。駅から駅へしかも温泉も駅から1分、冬場に楽しめる素晴らしい山Tamuさんお気に入りになり良かったです。JAFの会員証又は割引券印刷で100円値引きあります。
 
    (Tamuです)  ssさん、さっそく読んでいただいてありがとうございました。
出来立てほやほやの都留アルプスを紹介していただいて感謝しています。
眠っている名コースが、きっと、まだまだたくさんあるのでしょうね。それらを捜す(探す?)のも面白いかも。
 

[都留アルプス]をアップしました

 投稿者:Tamuメール  投稿日:2020年 1月14日(火)22時34分23秒
返信・引用
  先日の都留アルプスの山行記録を拙HPにアップしました。お暇なときにでも覗いてみてください。
http://www1.u-netsurf.ne.jp/~tamu/391turu_alps.htm

http://www1.u-netsurf.ne.jp/~tamu/

 

/206